Choice! (チョイス)県立大前店で丼、うどんランチ!がっつりメニューとお店紹介。

タイトル

月見 水太郎

おしゃれなカフェバーで丼ランチってどうよ!

というこで、今回編集長は「Choice! (チョイス)」というおしゃれなカフェバーのランチに行ってこられました。

このお店、内装がシックでカッコ良いのですが、ランチは丼やうどんなどのがっつり飯が食べられるのが特徴のお店。

そんなお店に熊本プレイスの編集長が潜入してみました。

目次

目次はこちら!

Choice! (チョイス)県立大前店の場所、アクセス、駐車場

月見 水太郎

駐車場が表にあるので、車で直接GOできるんだ。

熊本県立大学の目の前

日赤から石窯パン工房のモワソンの方向へ曲がると、その通り右側にあります。

横長い看板があるので、それが目印です。

看板

駐車場はお店前!

お店の前に直接車が停められます。

ランチなどの時間帯でもある程度空いているイメージですが、車が停められないと困るので、忙しい時間帯の場合は一度電話がおすすめです。

Choice! (チョイス)県立大前店のお店の雰囲気(内観・外観)

月見 水太郎

丼やうどんのお店って雰囲気がないよね!

看板や入り口、中の雰囲気も丼のお店というよりは、カフェバーの雰囲気があります。

入り口

実際に中に入るとアンティーク調の瀟洒なテーブルや椅子が配置されている素敵なお店です。

2018 10 13 14 03 25

店内

月見 水太郎

店内広めなので、団体客でも対応可能だと思う!

Choice! (チョイス)県立大前店のメニュー

月見 水太郎

そんなおしゃれなカフェバーだけども、ランチは丼やうどんが余すことなく食べられる!

丼・うどんランチメニュー!

チキン南蛮、カツ丼、グリルチキン丼、牛丼、豚バラ丼、てり唐マヨポテ丼

などなど、豊富すぎるラインナップ、そして500円を切るコスパ。

メニュー

うどんメニューも破格。W海老天うどんでも500円という安さ。

メニュー

月見 水太郎

これだけの中から選べるという贅沢仕様のお店!

しかもミニうどんが150円から注文できるので、丼+うどんの選択肢も見えてくる。

その他のフードメニュー

カフェバーっぽい油物のメニューも充実していて、夜はおつまみお酒も楽しめる雰囲気です。

メニュー

メニュー

ピザやサラダもあるので、本当に種類が多い。

ドリンク・スイーツメニュー

ドリンクはお酒を含めて種類豊富。

夜はバーのようなスタイルになるので、そういう構成になっているようです。

ドリンクメニュー

パフェやアイス、ソフトクリームなどもあるので、おやつタイムに来店しても楽しめるお店です。

月見 水太郎

とにかく幅広いよね。

Choice! (チョイス)県立大前店のランチの味評価!

月見 水太郎

それじゃあ早速ランチの丼とうどんを食べていくぜ!

チキン南蛮とミニかけうどんのセット!でランチ。

今回注文したのはチキン南蛮丼とミニうどんのセット。

うどんと丼

月見 水太郎

このバランス最高だよね。

チキン南蛮は、鶏が盛りっと入っていて、その下にはキャベツ、ご飯と続きます。

チキン南蛮

チキン南蛮って結局タルタルソースが美味しいと思っている僕にとって、これだけタルタルのボリュームが多いのは好印象です。

チキン

カリッと揚がったチキンとタルタル、そしてご飯はもうかきこまざるを得ない状況に僕を誘います。

月見 水太郎

箸が止まらないよ!

箸休めにミニうどんつるっといけば、さらに胃の腑は満たされるばかり。

うどん

うどん麺

冷やしにもできるので、夏場でも冬場でも楽しめるお店です。

月見 水太郎

丼の量も種類もすごく多くて素敵だな!

Choice! (チョイス)県立大前店の営業時間、電話番号などの基本情報。

店舗基本情報
店名 Choice! (チョイス)県立大前店
営業時間 11:00~翌2:00
金曜・土曜:11:00~翌3:00
定休日 不定休
電話 096-285-5781
住所 〒862-0920 熊本県熊本市東区月出2丁目6
駐車場 あり:お店前
クレジットカード 未確認
電源 未確認
Wi-Fi 未確認

Choice! (チョイス)県立大前店で丼ランチをご賞味あれ!

月見 水太郎

サクッと丼ランチが素敵なカフェバーで食べられるよ!

丼のラインナップの豊富さ、ランチ利用でなくても、軽食やスイーツが食べられるのも魅力です。

県立大の近くでランチどころをお探しの方は、ぜひ一度お試しあれ。

それでは、月見編集長(@tuki_mizu)でした。

\近くのおすすめカフェ/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次