今回ご紹介するランチ処「トラットリア・ロッソ」は、以前紹介した「CAFE de 水道町」の近くにあります。

「CAFE de 水道町」お店の向かいにある「トラットリア・ロッソ」でランチをしてきました。

お店の前にあるメニュー表

今回は行きたかったお店というより、たまたま通りかかったらメニュー表が広げられていて、勢いで入ったお店です。

隠れ家的イタリアンのランチメニューやお店の雰囲気をご紹介します。

「トラットリア・ロッソ」の場所、アクセス、駐車場。

上通りから3号線側に向けて歩く。

上通り側から行くとホテル日航の横を裏路地を通ってまっすぐです。

3号線側に歩いて行きます。

アクセスは市電か近くのコインパーキングで車で。

街中なので、市電かバスでくる人も多いと思います。

専用駐車場がないので、近くのコインパーキングに停めて徒歩というパターンもありです。

「トラットリア・ロッソ」の雰囲気、内観、外観。

トラットリアロッソの入り口

ほんと隠れ家的で水道町の路地裏に面するお店なので、見逃しがちなお店です。

店構えからは想像できないほど中は広くてテーブル席がいくつもあり
ます。

入ってみると結構広くてびっくりします。

トラットリアロッソ内観

ゆっくりとした空間でイタリアンが楽しめます。

イタリアンのお店ってかしこまる感じがあると思うのですが、「トラットリア・ロッソ」はそんな感じがなく、気兼ねなく入れる雰囲気があります。

「トラットリア・ロッソ」のランチメニューの紹介

ランチメニュー
・本日のランチ:1100円
・パスタのセット:1050円
・パスタとお料理のランチ:1600円
・前菜からデザートまでのお昼のコース:2200円

パスタや料理は色々なメニューからメインを一品選ぶ形になります。

今回は、肉料理の中から一品選んでサラダとスープ、ドリンクがついた1100円ランチを注文。

牛肉の網焼きという1100円のランチにしては豪華なメインが食べれるので期待だ。

「トラットリア・ロッソ」の本日のランチ1100円を食べてみた!

枝豆のサラダは僕の中であまり食べたことがなかったんだけど、ものすごくあたり。

枝豆サラダ

ツナと合わさってビネガーベースのシンプルなドレッシング。枝豆がたっぷり入っていて量も多い。

次に来ましたるはスープなのだがこれもまた具沢山。

野菜スープ

スプーンを一差しすれば溢れ出す野菜たち。

スープの中の野菜。

こういうスープは満足感が非常に高い。特に冬場には熱々のスープが体に溶け込んでいく感じが嬉しいんですよね。

続いてメインの網焼きがやって来ました

網焼きステーキ

画像からは小ぶりに見えるが、サラダやスープで結構お腹は満たされているので僕には十分だ。

デュカソース

ソースはデュカでスパイスが効いているけどさっぱりとした印象。

一切れいただきます。

一切れのステーキ肉

ここご飯が雑穀米でイタリアンの雰囲気とはちょっと違うんだけど、お肉によく合っていた。

珍しい。雑穀って少しプチプチした食感があるので好きだな。

ご飯

最後にカフェラテがやって来て本日のランチ終了。

カフェラテ

めちゃくちふわふわだ。

カフェラテの泡

の営業時間、電話番号などの基本情報。

店舗基本情報
店名 トラットリア・ロッソ
営業時間 11時30分~15時00分
18時00分~22時00分
定休日 不定休
電話 0120-348-906
住所 〒860-0844 熊本県熊本市中央区水道町1-25
駐車場 近くの有料コインパーキング
クレジットカード 使用可
電源 未確認
Wi-Fi 未確認

「トラットリア・ロッソ」は隠れ家的イタリンのお店!

フラッと寄ってみたんですが、1100円でこれだけしっかりとしたコースで食べれるランチは貴重でしょう。

知り合いと数人で街中ランチに困ったときは是非一度お試しあれ。

それでは、月見編集長(@tuki_mizu)でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事